図示すること

中古マンションに限らず、それが住むための場所であるというとき、そこに住みたいと思う人が知りたい情報にはどのようなことがあるか。
そう考えていったときに、必要なのは「図」ではないかということに気づきます。読んで理解できるものも、もちろん必要ですが、それ以上に必要なのは目で見て理解することが出来るもの。
絵や図面といった種類の物が、不動産情報には欠かせないということが言えるわけです。

それは、建物の外観のことだけを言うのではありません。内装や間取りはもちろんのこと、具体的な立地条件も図示してもらいたいというのが利用者の声となります。
ブリリアという中古マンションのカタログには、もちろん図示も行われています。
「絵や図面」と書きましたが、まさにそのような形で情報が載せられているのです。

たとえば、或るひとつの中古マンションをあらゆる角度から写した写真が掲載されています。外装を知ることが出来ます。
それから、具体的な部屋の間取り図が描かれています。それによって、その中で営むことが出来る生活というものをイメージしやすくなります。満足できる中古マンション選びにより一歩近づくことになります。
また、実際にその中古マンションが建っているあたりの地図も載せられています。上空から見てどこにあるかということが一目瞭然であり、地理的情報も把握することが可能になるのです。